「乱れ打ち」をしない3つの方法:その2

こんばんは。


「乱れ打ち」をしない3つの方法:その2です。


乱れ打ちを減らす対策法の2つ目。


それは、、、
「自分より立ち回りの上手なスロッターに報告する」ことです。


これは、あなたよりパチスロの立ち回り力が上手な知人に、
引きの弱い時に相談し、あなたの稼動を評価してもらうという
ことです。


その人に聞くことで、正しい立ち回りができて負けているだけなのか、
それとも、立ち回りが間違っているため負けているのかが
分かる可能性が高いです。


もし、正しい立ち回りが出来ているのであれば、
負けが続いているときでも、ストレスが軽減しますし、
立ち回りに自信が持てるようになるでしょう。


また、他人に聞くと言うことで、冷静な自分を
取り戻せることも多いです。


なので、むやみに適当な台選びをして、
乱れ打ちをしてしまう危険行動を減らせる
可能性が高まると思います。


そして、引きの弱かった時期を笑い話のネタにしましょう。


いくら勝ったかというよりも、高設定でどれくらい負けた
という自慢話(笑)ができるようになれば、
あなたは上級スロッターの仲間入りです!


次回は、乱れ打ちを減らす対策法の3つ目です。

関連記事

2008/06/04 23:12 | 副業スロッター攻略術COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



 | BLOG TOP | 

ページトップ