スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

「乱れ打ち」をしない3つの方法:その1

「乱れ打ち」をしない3つの方法:その1です。


パチスロで「乱れ打ち」を起こさない
対策法の1つ目は、


「現金をあまり財布に入れておかない」ことです。


当たり前といっては当たり前ですが。。。


例えば、現在の5号機であれば、夕方や夜から打つ
副業スロッターであれば、ほとんどの場合、
高設定台ならば、3、4万円もあれば十分です。


確かに1年に何度かは、高設定でも異常に
ボーナスを引けないことは誰でもあります。


でも、そんな時には、今自分はこういう引き弱な区間だから、
あまり無理をせずに淡々と引きやお金が返ってくるのを待とうと
いう考えを持つことが重要だったりします。


なので、これくらいの投資金を使って、資金切れをして諦めても、
多くの回転数を高設定台で稼げているので、貯金したと
思って、気持ちよく帰りましょう。


人によっては、高設定を打てても、

負けたらイライラする人(まだパチスロの勝つ原理を知らない)
1万負けたら苦痛な人
3万負けたら苦痛な人
5万…

というように、スロッターレベルによって、
また余裕投資金の量によって、異なると
思いますが。

少なくとも、5,000円で出ないから高設定では
ないとか、波が悪い台などと考えてはいけません。


流石に高設定狙いにしても、天井ハイエナ狙いに
しても、2,3万は打つのに必要だと思います。


なので、遊び打ち、乱れ打ちをしてしまう人は、
5万円以上を財布に入れとかないということが、
乱れ打ちというムダ打ちを避ける方法の一つです。


次回は「乱れ打ち」の対策2つ目です。
では、また。

関連記事

2008/06/03 23:09 | 副業パチスロ稼動日記COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。