稼動in沖縄<初日part2>

では昨日の続きです。


大嵌まり後のやっとのBonus。


すると、数人の人影が現れました。


一体何だったのかというと、


すぐ近くで打っていて、私の大嵌まりを目撃していた地元のおじい、おばあでした。
(豆知識1:沖縄ではおじさんおばさんをおじいおばあと呼びます)


その方たちに囲まれ、いきなり話し掛けられました。



「k&i#"?!#=|~\$?…」

ん???


理解に苦しみましたが、恐らく


「兄ちゃん、凄いメダル呑まれたね~、大丈夫かい?」


「きっとこの後連チャンするさぁ。」


「それでどれくらいメダル無くなったさぁ?」


(あくまで想像に過ぎませんがこんな感じだと思います)


「2000枚くらい無くなりました」(笑顔で)


と私が答えると、その中の一人のおばあが突然。


私の大嵌まりした台を叩いて、叱ってくれました。(笑)


「?♪★?゜=~|+…」と言いながら。


「こら!しっかり出さんかい!」のような言葉だと思います。


ありがとう♪


地元のおじい、おばあ。



沖縄では、客VSお店という図式が強く感じられます。


なので、客同士はみんな味方という傾向が強いみたいです。


かといって店員とお客が仲が悪いということもないんですが。


こういう雰囲気って素晴らしいですね。


流石は島国沖縄!


そして、おじいの予言通り?連チャンしました。(笑)


閉店までブン回し、なんとか1300枚程ブチ抜くことが出来ました。
(豆知識2:沖縄のパチ屋の閉店時間は夜12時です)

初日トリプルクラウンS店出玉


普段の稼動では勝ち盛りなんて殆どしませんが、


旅打ち&久しぶりの30パイメダルだったので久々に勝ち盛りしてみました。


こんだけ盛っても1300枚位です。



このお店では、1000回転嵌りに近いような空台は、ほぼその後打つ人がいないようです。


恐らく、地元のみなさんは、経験的にこういう台は敬遠しているのでしょうね。


こういう台は、勝てない確率が高いと。


しかし、高設定でもこれだけ嵌ることは当然有ります。


このように高設定の可能性が高い台が、その後に大嵌まりして空台になっていることが多々あります。


あなたの打つ地域やお店でも、もしかしたら高設定台の空台が沢山あるかもです。


例え1,000回転嵌ったとしても、高設定でないことを示唆するデータとはならないことを知っておくことは極めて大事なことです。



次回は、稼動in沖縄2日目です。


では、また。

関連記事

2007/08/23 22:34 | パチスロ攻略in沖縄COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



 | BLOG TOP | 

ページトップ