スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ジャグラー稼動の反省点


・台については稼働は十分であったが、「高設定濃厚」とまで言えるデータ数値を
 満たしていないにも関わらず打ち始めたこと。

・当日のホールはジャグラーはイベント機種ではあったが、そのイベントで
 何台高設定が入るかの見当が付いていなかった。(リサーチ不足。)

・ジャグラーを打っている客や台等周囲を見渡す時間が少なかった。
 荷物等をおいて台確保してからでも十分に見回す時間はあったはずである。

・打ちながらでも、設定推測の努力は最大限すべき。打ち続けるべきかやめるべきか、
 常に頭の隅で考えておくこと。


かなりシビアに考えられていますね^^

ナイスです。

ただ、もっと重要なことですが、ジャグは設定5を使われているお店であれば、
かなり収支はきついです。

そして、設定5か6をボーナス確率で判断は基本的にできません。

ただ、ブドウ確率をしっかり取られているので、
そのデータを今後もきちんと取っておいてください。

というのも、

設定6をどれくらい打てているのか?
あるいは、
設定5以下をどれくらい打ってしまっているのか?

が、1,2か月のデータが集まれば分かってくるからです。

アイジャグEXの設定5以下のブドウ確率は、1/6.49
設定6は、1/6.18となっています。

その日の設定は、ほとんど分からないレベルですが、
3万回転以上に達すれば、毎回のデータを足し算することで、
どれくらい設定6を打てているのかが分かってきます。

もし、この合算したデータで、1/6.49以下(分母が大きい)であれば、
ほとんど設定6を打てていないことになります。
(設定5を打たされている可能性)

おそらく、1/6.49~1/6.18の間となるとは思いますが、
6.18に近いほど、設定6を打てていることになります。
(1/6.25以上であれば合格点)

関連記事

テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

2008/10/07 23:05 | パチスロ立ち回りQ&ACOMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。